Home > 刊行予定
刊行予定
近刊予定のご案内
淫蕩の花飾り ジョイス・マンスール詩抄 / 松本完治 訳
<奇妙な令嬢>の異名をとったシュルレアリスムを代表する美貌の女流詩人、ジョイス・マンスール。詩集『絶叫』『裂傷』『猛禽』『白い方形』『地獄堕ち』『男根像とミイラ』から、甘美で残酷なエロティシズムが閃光的美に結晶する悦楽と責苦に引き裂かれた詩篇を精選、本邦初訳で贈る。
ジュリアス・シーザー ジョイス・マンスール著
美しい女流詩人が歌い上げるエロスの叙事詩。この作品の傍らでは、<『O嬢の物語』は薔薇香水に等しく、ヘンリー・ミラーは聖歌隊児童に見える(アラン・ボスケ評)>。ベルメールのエッチングに飾られた フランス版初版本をもとに本邦初訳で贈る。
風の薔薇 フィリップ・スーポー 著 / シャガール 挿絵
第一次大戦後のパリの空に軽やかに打ち上げられたモダニズムの花火! 折から勃興したダダイズムの詩風を併せ持ち、アポリネールに、ローランサンに、サンドラールに、ブルトンに、アラゴンに…1919年当時の多士済々に捧げられた詩篇にシャガールのデッサンを添え、本邦初訳の美装本で贈る!
シュルレアリスムが50歳になった時
文学と芸術と思想の在り方をはじめ、人類の効用の観念までを一新させた『シュルレアリスム宣言』(1924年)から50年。すでにブルトンは世を去り、運動は解体、しかし最古参のトワイヤンを核に、ラドヴァン・イヴシックら6名が、ブルトンの遺志を確認し、見失われつつある運動の精神を表明する。彼らの拠点であるエディション・マントナンから発行された限定95部の瀟洒な声明文パンフレットを復元し、本邦初紹介でシュルレアリスムの今日的な意義を問う。
ゴルドガーヌ王 ラドヴァン・イヴシック著 / トワイヤン 挿絵 / 松本完治 訳
1943年ナチス占領下のザグレブで秘かに書かれ、自由と無垢の愛を渇望し、体制主義者を痛烈に皮肉った内容により、本国ユーゴスラヴィアで約30年間発禁とされるが、アンドレ・ブルトンの高い評価を得て、フランスで版を重ね、今や欧米各地で上演されているイヴシックの代表的詩劇。1968年、1976年刊行のフランス版に掲載されたトワイヤンの驚くべきコラージュを多数収録し、堂々の本邦初紹介!
「嬌宴〜POESIE EROTIQUE」守屋恭吾 著 / 松本完治 編
戦中の大陸で恋人と消息を絶った幻の詩人、守屋恭吾。浪漫主義と異国趣味、そしてエロティシズムが混淆したクラシカルな詩文が織りなす、
灼けつくような極美の愛の世界。生家の筐底から発見された愛とエロスの遺稿詩篇9篇が今、甦る!彩色手製本限定120部。
夏雲 Xia Yun / 哈爾濱望郷 / 煙雨外灘 / 嬌宴〜POÉSIE ÉROTIQUE / 朱家角 ZHU JIA JIAO / 西湖柳影 / 無花果の雫に〜旧仏蘭西租界の一夜 / 夢の四馬路〜Metropole Hotel / 大連埠頭
続刊予定について
「IRENE COLLECTION」- エディション・イレーヌが贈る〈見失われたシュルレアリスム〉コレクション -
(01)「シュルレアリストの対話'34」
ブルトン、ペレ、タンギー他 著 / ティモシー・バウム 編 / 生田文夫 訳
(02)「ONCE-FAMILIAR ROOMS(いつか君がいた場所)」
ティモシー・バウム 著 / エリュアール画 / 生田文夫 訳
(03)マルティニーク蛇使いの女
アンドレ・ブルトン 著 / アンドレ・マッソン 画 / 松本完治 訳
既刊
(04)自殺総代理店
ジャック・リゴー 著 / 亀井薫・松本完治 訳
既刊
(05)風の薔薇
フィリップ・スーポー 著 / シャガール 挿絵 / 松本完治 訳
ラドヴァン・イヴシック&トワイヤン/松本完治 訳・編著
既刊
(07)アンドレ・ブルトン最後の夏
ラドヴァン・イヴシック著/松本完治 訳
既刊
(08)換気口
アニー・ル・ブラン著/前之園望 訳
既刊
(09)淫蕩の花飾り
ジョイス・マンスール詩抄 / 松本完治 訳
(10)太陽王アンドレルトン
アンリ・カルティエ=ブレッソン、アンドレ・ブルトン著/松本完治 訳
既刊
(11)ゴルドガーヌ王
ラドヴァン・イヴシック著 / トワイヤン画 / 松本完治 訳
(12)ジュリアス・シーザー
ジョイス・マンスール著 / ハンス・ベルメール画 / 松本完治 訳
(13)等角映像
アンドレ・ブルトン著/松本完治 編/鈴木和彦・松本完治 訳
既刊
(14)Ne pas perdus,pas de Nadja
加波都るみ 編(写真・地図多数収録)
(15)「ハンス、ハンス・ベルメール…」
ティモシー・バウム 詩/ハンス・ベルメール 画
(16)「イヴ・タンギー」
アンドレ・ブルトン 著 / イヴ・タンギー 画
A・P・ド・マンディアルグ 著 / 山下陽子 画 / 松本完治 訳
既刊
(18)「語彙集」
ミシェル・レリス 著
マルセイユ・ニューヨーク 1940〜1945 :シュルレアリストたちの軌跡
ナチス侵攻によるパリ陥落、ヴィシー政権の言論統制、吹き荒れるファシズムの嵐の中、マルセイユに結集したブルトン、ペレ、マッソン、エルン スト、マッタらシュルレアリストたち。反ナチだけでなく、一切の権力に背を向けた彼らの運動は、デュシャンやタンギーらの待つニューヨークに 拠点を移すに至って、戦後の活動を予告する新しい展開を迎える。エロティシズム小説「聖餐城」で名高いノエルが、初期のシュルレアリスム運 動の華々しさから見落とされがちだった大戦中の運動のダイナミズムとその深化に焦点をあて、多数の写真を満載しながら、波乱の5年間の実 景を蘇らせる!
「誰がピアノに触れたのか?オレイリー短篇叢書全7巻」モンタギュー・オレイリー 著 / 生田文夫 訳
アメリカ最初のシュルレアリストにして、ブルトン、エリュアールらと交流のあったM・オレイリーことウェイン・アンドリュースの「純粋シュルレアリスム」短篇小説を瀟洒な造本で贈る。戸田勝久・日乃ケンジュほか各巻異なる七人の画家による挿絵入、造本/間奈美子。
T 共感するピアノ / U プレイリー街ピアノ独奏会 / V ネフスキー・プロスペクト・ホテルの堕落ピアノ / W スリッパと皇宮警察とパリ
X ロマンティック美術館 / Y 竪琴と洗濯物が鉄道公約に及ぼす影響 / Z シルクのような傷が…
「ウォーレス・スミス画集」松本 完治 編
ベン・ヘクトの問題作『ファンタジウス・マルレア』の挿絵により猥褻罪で発禁扱いとなった代表作をはじめ、ビアズレー、ロップス、ハリー・クラークに匹敵するとまで謳われた傑作18点を一挙に初公開! 瀟洒な造本で贈る。
「ダンディズム〜ならびにジョージ・ブランメルについて」J・バルベー・ドールヴィリー 著
伝説的ダンディ、ボウ・ブランメルへの熱烈な讃仰を軸に、フランスの悪魔主義作家バルベーが、ダンディズムとは何たるかを史上初めて世に問 い、その鋭い論考によってボードレールと双璧をなすと謳われた〈ダンディズムの聖典〉、ついに本邦初訳で全貌を紹介!生田耕作の名著 『ダンディズム』の副読本として最良の書を世の風流才子の机上に贈る。
このページのトップへ